MP3プレーヤーの選び方 (デジタル・ミュージック・ガイド)
MP3プレーヤーの選び方 (デジタル・ミュージック・ガイド)トップ > 素朴な疑問編 > エンコードと圧縮

エンコードと圧縮

音楽CDなどからパソコンにデータとして
曲を取り込む場合、
CDの音質のまま音声データを取り込むと
ファイルの容量が大きくなりすぎます。

そこで元のファイルとほぼ同じ音質を保ちながら、
ファイル容量を小さくするエンコード、または圧縮という作業が
必要になります。

これはデータが繰り返しになる部分をまとめたり、
人間の耳には聴こえないような部分を削ったりして、
ファイルのサイズを小さくする技術です。

この圧縮形式で最も知られているのが「MP3」です。

元の圧縮していない音楽ファイルである、
WAV(主にWindowsで使われる)や、
AIFF(主にMacで使われる)と比べると、
約10分の1位までサイズが小さくなります。

この圧縮形式「MP3」は
もっとも広く普及していますが、
著作権技術には対応していません。

そこでこの著作権技術が組み込める
AAC、WMA、ATRAC3などの形式があります。

また、音質を劣化させずにデータだけを圧縮する
AppleロスレスやAPEと呼ばれる形式もあります。



« パソコンを持っていないとダメ? | 【MP3プレーヤーの選び方 (デジタル・ミュージック・ガイド)】トップページ | MP3とは »



|   ブログ・トップ   |