MP3プレーヤーの選び方 (デジタル・ミュージック・ガイド)
MP3プレーヤーの選び方 (デジタル・ミュージック・ガイド)トップ > 素朴な疑問編 > 圧縮で容量を減らすとは

圧縮で容量を減らすとは

64Kbpsとか、128Kbpsとか
オーディオ・ファイルを圧縮するとかありますが、なんのことやら?

圧縮とはデータ量を小さくするためのもので、
ファイル容量が大きいと、記憶領域を多くとるし、
インターネットでやり取りする際に転送する時間がかかりすぎるので、
サイズが小さい方が便利なわけです。

ただし、サイズが小さくなれば音質は劣化するので、
小さければすべてOKというわけではないところが難しいところ。

圧縮率の目安としてはビットレートという数値を使いますが、
単位は「bps」(ビット・パー・セカンド)。
データを転送するのに1秒間に送信される量を示しています。

一般的には128Kbpsが多いですね。

64Kbpsならば圧縮率は高いですが音質は悪く、
192Kbpsならば圧縮率は低いですが音質は良くなります。

楽曲を取り込む際に、大概はこの圧縮率を管理ソフトで調整できるので、
音質がもの足りない、または容量が不足ぎみという場合、
設定を変更してみてもいいかもしれません。



« 音質はどう? | 【MP3プレーヤーの選び方 (デジタル・ミュージック・ガイド)】トップページ | パソコンを持っていないとダメ? »



|   ブログ・トップ   |