MP3プレーヤーの選び方 (デジタル・ミュージック・ガイド)
MP3プレーヤーの選び方 (デジタル・ミュージック・ガイド)トップ > 入門編 > ハードディスク・タイプとメモリ・タイプ

ハードディスク・タイプとメモリ・タイプ

いきなりMP3プレーヤーを買おうと電気屋に行って困るのがコレ。

・ハードディスク・タイプ
・メモリ・タイプ

ザックリと区別すれば、

ハードディスク・タイプ
・容量がでかい -> 録音できる時間が長い
・ボディーもでかい -> 液晶画面や操作ボタンが大きく操作しやすい。。。が重い
・多機能 -> 音楽以外の機能、動画の再生にも向いている
メモリ・タイプ
・容量が小さめ -> それでもそれなりに容量大きめも有り
・ボディーは小さめ -> 軽い、スタイリッシュ!?
・中機能 -> 音楽を聴く分には充分。ディスプレイが小さい分、音楽以外の点でやや不利だが価格が手ごろ

ズバリ聴くだけならたいした違いはないが、
でかいボディの「ハードディスク・タイプ」の方が、
アンプ機能が充実できる分、音質的にはやや有利。

しかし軽くてスタイリッシュなメモリ・タイプが現在の主流。
容量も大きくなってきてるし、音楽を聴くだけなら2GBもあればほとんどの人は十分なハズ。

でも、とにかくたくさんの曲を持ち歩きたかったり、
動画も。。。なんて方は、ハードディスク・タイプかな。


また、これまでのMDプレーヤーみたいな感覚で、
記録メディアであるSDオーディオを使用するタイプもあります。

ミニ・コンポにもSDオーディオ対応が増えてきているので、
このSDオーディオに音楽を入れて、
MP3プレーヤーに差し込んで聴く。

大容量のカセット・テープやMDみたいなモンですね。



« iPod以外のMP3プレーヤーはどうなの? | 【MP3プレーヤーの選び方 (デジタル・ミュージック・ガイド)】トップページ | パソコン無しでも録音OK »



|   ブログ・トップ   |